株式会社ホーネンアグリ

ご使用事例:お客様の声:株式会社ホーネンアグリ

ホームへ戻る
株式会社ホーネンアグリ
フリーダイヤル お問い合わせ・資料請求 求人情報
お客様の声お客様の声
ホーネン通信
事業紹介
アグリバイオ事業(生産農家用資材)
エコグリーン事業(公共緑化用資材)
家庭園芸事業(家庭園芸用資材)
リサイクル事業
商品紹介
生産農家用資材
公共緑化用資材
家庭園芸用資材
施設・技術紹介
本社・中里工場
沢下条工場・原の下工場
緑のリサイクルセンター
お客様の声
ご使用事例
Q&A
求人情報・会社概要
求人情報
経営理念・概要
沿革・事業所紹介
お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
リンク集

お問い合わせは
Tel 0258-92-3890(代)
Fax 0258-92-3350
※個人情報保護方針について

サイトマップ

ご使用事例

生産農家用資材

キュウリ接木苗のポット育苗に、モミライト+緩効性肥料入り培養土

業種/苗の生産販売
ご使用事例
 キュウリ接木苗の、ポット上げ2週間後の様子です。
 モミライト入り園芸培土に緩効性肥料を加えており、初期から育苗後半まで最適かつ安定した肥効を示すのが特徴です。お客様からは『生育ムラがなく、均質な苗ができるので良い』との評価をいただいています。
  モミライト入りの園芸培土は40リットルで16〜20kg程度と非常に軽量になります。また、透水性や通気性といった物理性にもたいへん優れており、生育の安定につながると考えています。(モミライト単体でも培養土原料として販売しておりますので、安定した育苗環境をお求めの方はぜひともお問い合せください。
トマトの溶液栽培

.
 
ほうれん草の土壌改良にモミライト

業種/葉菜類の施設栽培
ご使用事例
ハウス内でのほうれん草栽培の様子です。
 土が非常に硬く、排水性も悪かったので、弊社の発酵モミガラ土壌改良材『モミライト』をご使用いただきました。モミライトを入れたおかげで土が柔らかくなって作業がしやすくなった、と喜んでいただけました。
  モミライトはモミガラ独特の形状(籾殻特有の舟型)をしており、土壌の通気性・透水性を改善する能力が非常に高いです。また比較的低成分なので、土壌の塩類集積がおこりがちな施設栽培の生産者様にたいへん喜んでいただいております。
  通常は10aあたり50〜100袋(2〜4立米)を目安にご使用いただいております。土が固くてお困りの方は、ぜひとも お問い合せください。
トマトの溶液栽培

.
 
ミニトマトの培地
ご使用事例
 簡易養液栽培培地によるミニトマトの栽培事例です。遊休地や空きハウスの有効利用にご利用いただいています。培地が軽いので、設置が簡単でお客様に喜んでいただいております。
  (このような栽培システムの培地として、園芸育苗用培土「ポットソイルCタイプ」をお使いいただく場合もあります。)
 溶液栽培の培地については、こちらへお問い合せください。
トマトの溶液栽培
.

ほうれん草の有機栽培に緑の堆肥
ご使用事例
セルリー ほうれん草の有機栽培に取り組まれているハウスの様子です。土壌改良に「緑の堆肥」をお使いいただきました。
  「緑の堆肥を使わせて頂き、ほうれん草も順調に生育し、色も良く出ています。今後も回数を重ねて土の中の炭水化物を増やしていきたいと考えておりますのでよろしくお願いします。」と、うれしいお言葉いただきました。
 有機栽培の堆肥・土壌改良材に関しては、こちらへお問い合せください。

foot

 
セルリーの育苗にポットソイルCタイプ
ご使用事例
 園芸育苗用培土「ポットソイルCタイプ」をセルリーの育苗に使っていただいています。粒状の赤土とピートモス、発酵モミガラなどを配合したポット育苗用土です。
 保水性と排水性のバランスが良く、潅水も楽にできるとのことです。ポットごとの潅水量がバラつかないため、苗の揃いも安定しています。 おかげさまで、毎年リピート注文をいただいています。

 
小松菜ハウスの土壌改良に発酵モミガラ「有機王」
地域/埼玉県
業種/葉菜類の施設栽培
ご使用事例
小松菜 ハウス内で葉菜類を栽培されているお客様に、土壌改良材として有機王をお使いいただいています。こちらの地域では1年間に何度も栽培される「多期作」の生産者様が多く、「土が固くなってきている」「連作障害が心配」など、土づくりに大変な苦労をされているご様子でした。
  有機王を土壌10aあたり約50〜100袋(2立米〜4立米)施用していただいたところ、土が徐々に軟らかくなり、小松菜の直根が太くなったそうです。 こちらのお客様が元々、土づくりの名人でいらっしゃったこともあり、結果は上々。たいへん喜んでいただくことができました。

一般的に、施設園芸の圃場では土壌の理化学性・生物性・物理性を良好に維持するのが非常に難しいです。
土づくりでご苦労されている現場の土壌分析をすると、(過剰な成分が雨水で流亡せずに留まるなどの原因で)EC値(電気伝導度)が非常に高いことが多く、施肥の再設計(過剰な成分の抑制)と土壌改良(物理性・生物性の改善)の両方が必要な場合があります。そんなケースでは、肥料成分がかなり控えめで、物理性・生物性に優れた有機王をおすすめしています。
「これって連作障害?」「ずっと同じ堆肥を使い続けているけど、最近、作物の生育が悪い」など、土づくりでお悩みの方はぜひともお問い合せください。

.

 
生産者N様
地域/茨城県
業種/花苗の生産・販売(パンジーほか)
ご使用事例
  N様の農場では数年前まで腐葉土ベースの土を使用されていましたが、粒子や成分がなかなか安定しないという悩みをお持ちでした。用土作りの作業スペースやコスト面での問題も含め、自分自身で作る難しさを感じていたとき、ホーネンアグリの発酵モミガラ入りの培土と出会われたのです。  N様のご協力のもと、様々に配合を変えたサンプル使用・試験を経て、発酵モミガラを2割配合したものが最適との結論に至りました。「成分が安定していて、管理もしやすい。生育もムラなくできるようになった」との評価をいただいております。
_

生産者I様
地域/鳥取県
業種/花苗の生産・販売(ガーデンシクラメンほか)
ご使用事例
 I様の農場では多品種の花苗の生産を行っておられます。そのため、それぞれの品種に最適な配合の用土を使い分けたいとお考えでした。そんなニーズにお応えするべく、弊社では発酵モミガラの比率を変えて肥料分を調整したり、原料の割合を変更したり、様々なパターンの用土をご用意いたしました。I様からは「品種によっていろいろなパターンでオリジナルの用土を作ってもらえたので、苗の生産管理が楽になった。望んでいた用土に近づいてきた。」との評価をいただいております。

Y社様
地域/山形県
業種/野菜・花苗の生産販売
お客様紹介
 昔から「苗半作」という言葉があるように、良い苗を育てることは大変難しく、また収穫物の良品多収を目指すうえで育苗用土の選定は重要なテーマです。こちらのY社様のファームは最新の育苗システムと高度な生産技術をもち、年間を通して大規模に野菜・花の健苗を生産されています。Y社様は、山形県を中心とした広い地域へ花・野菜の苗・種を提供することで日本の園芸振興に大きく貢献されており、『苗のスペシャリスト』として生産者様からの絶大な信頼を集めていらっしゃいます。
ご使用事例
 弊社自社生産の赤土粒状土とモミガラ土壌改良材「発酵モミガラ」をベースにした鉢上げ(仮植)用土をご採用いただいています。主な作物はトマト、キュウリ、パンジー、ビオラなどです。また、この鉢上げ用土はY社様オリジナルのプライベートブランドとしても商品化されており、多くの一般ユーザー様にもご使用いただいております。
山形県 Y社様 ご使用事例山形県 Y社様 ご使用事例山形県 Y社様 ご使用事例

公共緑化用資材

国営越後丘陵公園など
地域/新潟県
ご使用事例
 ベストソイルP号は、そのまま使用できる手軽さから各地域の緑化運動や学校でプランター用土・花壇用土としてご使用頂いております。また、ベストバークモミライトベストソイルSは、公園の造成工事花壇等の土壌改良工事、植栽工事にご使用頂いております。
国営越後丘陵公園国営越後丘陵公園



ホームへ戻る ページの先頭へ戻る
Copyright (C) 株式会社ホーネンアグリ. All Rights Reserved.
当サイト内にある画像・文章の無断転載を禁止しております。